解決事例
北村製布株式会社 > 解決事例

創業104年の実績と豊富な経験から、様々な問題を解決いたします!

集塵機用バグフィルターの火災事故リスクをなくしたい

製鋼所内の集塵機内部のバグフィルターに火の粉が付着することによる火災が発生していたが、メンブレン膜付きのろ布を提案することで、燃焼原因となっていたダストが落ちやすくなり、火災リスクがほとんどなくなった。

フィルタープレス機の作業効率を上げたい

食品工場内のフィルタープレス機において、ろ布の目詰まりが頻発しており製造効率が良くなかったが、ろ布の材質変更・表面処理・加工を施すことによってケーキの剥離と洗浄性が向上し、目詰まりの頻度を減らすことができた。

排煙のダイオキシン含有量を下げたい

アルミ精錬所内の集塵装置において排煙のダイオキシン含有量が多く、市の環境課から指導が入っていたが、塩素を含んだ超微粒子を捕捉できるメンブレン膜付きろ布を提案することで、環境基準をクリアすることができた。

摩耗が激しい生地の寿命を延ばしたい

粗い粉体を扱う工場にてジョイントやシュートの摩耗が激しく、厚手の生地でも3ヶ月ほどで交換していたが、耐摩耗性の高い特殊生地を提案することで、寿命を1年超に延ばすことができた。

交換頻度の高い生地だから、出来るだけコストを抑えたい

銅製錬メーカー内の集塵機用バグフィルターについて、環境に合わないろ布が使用されていたため交換頻度が高かったが、現場を確認したうえで適切なろ布を提案することで交換頻度が下がり、ろ布の価格も安価に抑えることができた。

長年使ってきた一般品の「もっこ布」がちょっと使いづらい

酒蔵において、原料米の洗浄・蒸し工程で「もっこ布」を使う際、サイズや強度、米の張り付きの面で課題を感じていた。長年使ってきた一般品の「もっこ布」であったが、杜氏と相談の上、現状に合った寸法・形を再設計し、オーダーメイド品を提案した結果、作業効率が上がった。