材質について
北村製布株式会社 > 材質について

ポリエステル

耐酸性、耐熱性、寸法安定性に優れ、乾式集塵、食品関連、鉱山関連、化学工業関連、水処理等に使用されます。アルカリ性の強いもの(例:40%以上のカセイソーダ溶液等)には強度低下が見られます。
デニール当たりの強度は4.3~6.0grあります。
酸の影響 35%塩酸、75%硫酸、60%硝酸では殆ど強化低下しない。
アルカリの影響 10%力性ソーダ、28%アンモニアでは殆ど強度低下しない。
アルカリの影響 一般に良好な抵抗性あり。特に酸に強い。
溶剤の影響 一般には溶解しない。熱㎡クレゾール、熱0クロロフェノール等に溶解。

ナイロン

ポリアミド系の繊維で抗張力、耐アルカリ性にすぐれ、化学工業関連、工業排水関連、鉱石の選別、食品関連等に使用されます。耐熱性に多少劣り、水分を含むと伸びる性質がありますが、66Nylonは、耐熱性に優れています。デニール当たりの強度は4.8~6.4grあります。耐磨耗性は合成繊維中最も良い。
酸の影響 濃塩酸、濃硫酸、濃硝酸で一部分解を伴って溶解。
7%塩酸、20%硫酸では殆ど強度低下しない。
アルカリの影響 50%力性ソーダ、28%アンモニアでは殆ど強度低下しない。
アルカリの影響 一般に良好な抵抗性あり。特にアルカリに強い。
溶剤の影響 一般には溶解しない。フェノール類、濃ギ酸に溶解。氷酢酸膨潤過熱により溶解。

ポリプロピレン

耐酸、耐アルカリ、寸法安定性に優れ、吸水性が殆んどないため濾過効率が大きく、ケーキの剥離も大変良好です。耐熱性には劣りますが化学工業から食品関連等、幅広くご使用頂けます。
デニール当たりの強度は4.5~7.5grで、比重は合成繊維中最も低く0.91です。耐摩耗性は乾湿での差異はなくポリエステル同程度。
酸の影響 濃塩酸、濃硫酸、濃硝酸では殆ど強度低下しない。
アルカリの影響 50%力性ソーダ、28%アンモニアでは殆ど強度低下しない。
アルカリの影響 一般に抵抗力があるが、次亜塩素酸ソーダに侵される。
溶剤の影響 アルコール、エーテル、アセトンには溶解しない。ベンゼンには高温時膨潤する。
バークレン、四酸化エタン、四塩化炭素、シクロヘキサン、